トラックの走行距離

トラックの走行距離

「かなり乗っているトラックがある」という方の中には、
「そろそろ、買い替えた方が良いだろうか?」と考える方も多いと思います。
車というのは、当然走行距離が長くなればなるほど、
故障も増えることになりますし、修理費用が発生しやすくなりますからね。
これらも考えると、「そろそろ、買い替えた方が得だろうか?」と思われる方もいるでしょう。
では、トラックの走行距離について、ご紹介しましょう。

 

トラックを安全に維持していくためには、何よりも走行距離を常にチェックしていくことが必要となります。
小型トラックの場合には、
一般的に20万キロから30万キロ、大型トラックであれば80万キロから100万キロが目安となっています。
中には、「今乗っているトラックを売却して、
その買取価格を購入資金の一部にしたい」と考えている方も多いと思いますが、
そういった場合にもこのくらいの走行距離であれば、
ある程度の査定額は付けられることになるでしょう。
しかし、査定額を付ける際には走行距離だけではなく、
トラック全体の状態によって判断されるため、実際に査定してみると
「思ったよりも、査定額が低かった」となる可能性もあるため、
これらも理解した上で買取をしてもらうことが必要となります。
ディーラーで下取りをするよりも、
専門店で買取をしてもらった方が高い査定額が付けられる可能性は高いでしょう。
 

 

このように、中古トラックは走行距離がポイントとなってきます。
中古トラックを購入する際にも、売却する際にも走行距離が大きく影響することになります。